for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米雇用統計こうみる:0.25%の利下げ確実、FRB危機意識高まればクロス円上昇=HSBC 花生氏

 <香港上海銀行 外国為替営業部長 花生浩介氏>

 予想を小幅に上回った米雇用統計は、11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ幅が0.50%になるとの観測を後退させるものとなった。株価の反応が限られたこともあり、為替市場では発表直後に若干のドル売りと円売り反応となった。ネガティブな内容ではなかったとの見方だろう。

 現在の市場は、米国は来年第1・四半期も利下げが継続し、政策金利は4%を割り込むとの見方に傾いている。11月雇用統計の多少のぶれは関係ないということなのだろう。引き続き焦点は米FOMCだ。声明文で米連邦準備理事会(FRB)の危機意識が高まっていることがにじめば、株価の上昇とともにクロス円の買いが強まると予想している。

(東京 10日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up