for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IMF、07年のロシアGDP伸び率は少なくとも7%になると予想=通信社

 [モスクワ 25日 ロイター] ロシアを訪問している国際通貨基金(IMF)代表団のポール・トムセン代表は25日、2007年のロシアの国内総生産(GDP)伸び率は少なくとも7%に達する、との見通しを示した。

 インタファクス通信が記者会見での発言として伝えた。

 同代表は「われわれは、原油価格が高値を維持し、高水準の資本流入も続き、投資家心理は堅調に推移し、労働生産性は引き続き拡大すると予想している」とした上で、「それに基づけば、GDPは7%増加するだろう。この予想がはずれるリスクがあるとすれば、それは上方になる」と語った。

 一方、RIAノーボスチ通信は、同代表の発言として、08年のGDPは07年からやや鈍化すると見ている、と伝えた。

 ロシアは07年のGDP伸び率目標を6.5%、08年は6.1%に設定している。06年は6.8%だった。

 ※原文参照番号[nL25220820](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nL25220820]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up