for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FOMC議事録こうみる:米景気減速の警戒感薄らぐ、ドルは安値圏もみあい=HSBC 花生氏

 <香港上海銀行 為替資金本部長 花生浩介氏>

 米連邦準備理事会(FRB)は、これまで警戒感を示していた米景気の減速に対し、少し自信を取り戻したようだ。今回の議事録を見ても、景気減速とインフレリスクの両にらみであることに変わりはないが、景気減速に対する警戒感が少し薄れている。

 それを好感する形で発表後の金融市場では米株が上昇し、外為市場ではユーロ/円が買われた。株価の上昇で投資家のリスク許容度が増し、キャリートレードが活発化する展開は変わっていない。市場では利下げを意識しすぎた反動でドルが買い戻されていたが、ここからさらにドルが大きく買われるイメージは持てない。ドルは安値圏のもみあいが続く一方、クロス円は高値圏でしっかりの展開が続くと見ている。

 (東京 31日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up