for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

為替こうみる:中国株価が為替相場に影響する状況はしばらく続く=ゴールドマン 岩田氏

 <ゴールドマン・サックス証券 外国為替部ヴァイスプレジデント 岩田智宏氏>

 中国の株式市場が反転するか、それとも調整方向に進むのか、円だけでなく世界の金利市場を含め、様相が変わる可能性がある。中国株式市場の値動きによって、ドル/円相場も上下する状況はしばらく続くだろう。中国の株式市場はもともと早いペースで上昇しており、オーバーバリューは間違いない。このため、大きく調整に向かう可能性を秘めている。同時に、あす5月米雇用統計の発表を控え、どこまで動いていいのか、判断が難しい。6月は円売り需要が増えるなど中期的な材料も考慮すると、何か一つのことでシナリオが変わるかもしれない。現時点では、日経平均株価が堅調なため(世界的な株安の懸念から円キャリートレードの巻き戻し観測が出ていないから)円上昇を抑えているが、弱い数字に振れれば円買い安心感が広がるとみられる。

 (東京 31日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up