for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB総裁発言こうみる:政策決め打ちできず、円債買い戻しも=新光 三浦氏

 <新光証券・債券ストラテジスト 三浦哲也氏>

 欧州中央銀行(ECB)は6日の理事会で予想通りに政策金利を0.25%引き上げて4.00%とした。トリシェ総裁は声明でインフレ抑制に向け追加利上げのバイアスを残した。発言自体はタカ派的だ。

 市場は4.25%までの利上げを想定していても、その次の利上げを決め打ちできない状況。今後、一つひとつ指標を見極めていくことになる。売りで入っていた市場参加者にとって、いったん材料出尽くしとなり、買い戻しが先行しやすい。

 前日の海外市場では株価が下落している。世界的な金融引き締め観測に対して株式市場のセンチメントが落ち始めていることも債券にとって追い風だ。

 (東京 7日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up