for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

第1四半期の米家計純資産・非金融債務の伸びがともに鈍化=FRB

 [ワシントン 7日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)によると、第1・四半期の米国の家計純資産額は56兆1800億ドルとなり、前四半期の55兆5900億ドル(修正)から1.1%増加。伸びは前四半期の2.4%増から鈍化した。

 非金融債務は7.3%増、前四半期の8.2%増から鈍化した。

 家計債務は6.0%増。前四半期は7.2%増。

 FRBのスポークスマンは、減速の理由について、住宅ローン債務の伸び鈍化が大きいと指摘した。住宅ローン債務は6.2%増で、1998年半ば以来の低い伸び。前四半期は7.3%増だった。

 家計の不動産評価額は1600億ドル増の20兆7700億ドル。前四半期は2300億ドル増加していた。

 消費者信用は4.7%増。前四半期は4.1%増。

 企業債務は9.0%増。前四半期は11.4%増(修正)。

 連邦・州政府債務は8.6%増。前四半期は13.6%増。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up