for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2007年のロシアのGDP成長率は6.7%に達する可能性=財務相

 [サンクトペテルブルク(ロシア) 9日 ロイター] ロシアのクドリン財務相は9日、2007年の国内総生産(GDP)成長率が当初予想を上回り、6.7%に達する可能性があることを明らかにした。また、ルーブル高による経済への悪影響はほとんど見られないとの認識を示した。

 財務相は経済フォーラムでの記者会見で「今年の経済成長率は6.5─6.7%に達する可能性がある。この数字に言及するのはこれが初めてで、当初の予想は6.1─6.2%だった」と述べた。

 財務相はさらに、政府はルーブルの実質実効レートの上昇について懸念しているとしたうえで、急速な経済成長から判断すれば、ルーブル高による経済への悪影響はほとんどないとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up