for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏の成長に満足、インフレを懸念=シュタルクECB専務理事

 [フランクフルト 11日 ロイター] 欧州中銀(ECB)のシュタルク専務理事は、消費者の需要は期待を下回っているものの、ユーロ圏の成長に満足しているとの見解を明らかにした。ただ、賃金や商品、資産価格から生じるインフレリスクに懸念を示した。

 前日記者クラブで語った内容の報道がきょう解禁された。

 同専務理事は、ユーロ圏は力強く幅広い景気回復を実現しており、米国も近い将来の回復の兆候を示している、と指摘した。

 今後のECBの金利政策については、経済指標を注視するとして詳細にふれず、利上げの時期に言及しなかった。

 また同専務理事は、ECBの金融政策は依然緩和気味との見解を繰り返した。さらに、今後も理事会後の声明の言葉の修正を続けるが、一部の言葉が意図しなかった意味で市場に受けとられたことがある、と指摘した。

 同専務理事が強調したのはユーロ圏の経済成長で、「経済状況と金融政策の展開に、特に満足している。ユーロ圏は力強く広範な景気回復を実現している。個人消費は依然として期待を大幅に下回っているものの、雇用状況は大幅に改善しており、これが消費拡大につながると予想している」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up