for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 第2四半期の韓国GDPは予想上回る伸び、利上げ観測高まる

 [ソウル 25日 ロイター] 第2・四半期の韓国国内総生産(GDP)伸び率は、輸出の強さを背景に季節調整済みで前期比1.7%となり、市場予想を上回った。近く利上げがある、との観測が高まった。

 ロイター調査によると、市場予想中央値は前期比1.3%上昇。第2・四半期のGDP伸び率は、2005年第4・四半期と一致、2007年第1・四半期の前期比プラス0.9%のほぼ倍のペースで成長した。

 国内金融市場では、現段階では、GDP統計への反応はあまり見られず、米国株式市場や米ドルの下落により焦点があたっているもようだ。

 ただエコノミストは、GDPを受け、年内に翌日物コールレートの誘導目標が5.0%に引き上げられるとの観測が高まった、としている。

 CJインベストメント・アンド・セキュリティーズのチーフエコノミストは「消費支出には一段と伸びる余地がある。また、輸出も、中国からの需要を背景に、増加が続く可能性がある」と述べた。「GDP統計で追加利上げの可能性が高まった。韓国銀行は当面、流動性の状況を注視し、その後9月か10月に利上げすると思われる」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up