for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 第2四半期の豪インフレ率は予想上回る、8月に利上げとの見方

 [シドニー 25日 ロイター] 第2・四半期のオーストラリアのインフレ率は、ガソリンや食品、医療のコスト高を背景に、予想を上回る伸びとなった。早ければ8月にも利上げがあるとの見方が高まった。

 発表を受け豪ドルは18年ぶりの水準に向け急伸、債券先物は下落した。市場は、準備銀行(RBA)が来月にもオフィシャルキャッシュレートを6.50%に引き上げる可能性を60%以上、織り込んでいる。

 JPモルガンのチーフエコノミスト、スティーブン・ウォルターズ氏は「インフレ率は、総合指数もコアもともに、非常に強い数字だ」と述べた。その上で「来月の利上げの可能性が相当高まった。RBAが早期に行動を起こす必要があることを示唆するものだ」との見方を示した。

 オーストラリア連邦統計局が発表した第2・四半期の消費者物価指数(CPI)は前期比1.2%の上昇となり、市場予想(1.0%上昇)を上回った。燃料、食品、家賃、医療のコスト高が主因だった。ガソリン価格は9%上昇し、CPI全体を0.56%ポイント押し上げた。

 第2・四半期CPIは前年比では2.1%の上昇で、第1・四半期の2.4%から伸びが鈍化したが、市場予想の1.9%上昇は上回った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up