for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBはインフレに絶えず警戒が必要=シュタルク専務理事

 [フランクフルト 7日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)のシュタルク専務理事は7日、ECBは絶えず警戒を続ける必要があり、インフレと戦う姿勢を緩めてはならない、との考えを示した。

 同専務理事は、フランクフルト金融研究センター主催のコンファレンスで、マネーサプライの急速な伸びとインフレ率の上昇の長期的な関係は、ECBが中期的な物価安定を当然のものと受け取るべきではないことを示している、と述べた。

 そのうえで「絶えず警戒を続けることが重要だ。順調だった時期の後にはなおさらだ」語った。

 さらに同専務理事は、ECBの政策フレームワークにおける金融分析の役割を強調し、金利決定の上では新ケインズ主義的な経済モデルは適切でない、と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up