for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 定数削減で協力確約なら16日に解散、安倍総裁に協力呼びかけ=野田首相

 [東京 14日 ロイター] 野田佳彦首相は14日午後の党首討論で、安倍晋三自民党総裁に対して今国会での定数削減実現を呼び掛け、その道筋ができれば今週末の16日に解散してもいいと明言した。

 野田首相は政治改革に関連して「民主党と自民党で各党の理解を得るべく結論を出すため協力したい」とし、「いずれにしてもその結論を得るため、後にもう区切りをつけて結論を出そう。16日に解散します。やりましょう」と呼びかけた。

 野田首相は、8月に近いうちに国民の信を問うと言った言葉に嘘はなかったとしたうえで、特例公債法案、一票の格差是正と定数削減への協力を改めて呼びかけ、とくに定数削減について今国会中での成立に確約があれば16日に解散すると呼びかけた。安倍総裁は特例公債法案には賛成すると明言。定数削減については、来年の通常国会では行うと発言したが、今国会での対応について明確な回答はしなかった。

 野田首相はその後、公明党の山口那津男代表との討論でも、解散に対する決意をあらためて促され、「16日解散を是非やり遂げたいと思う」と明言。その上で、1票の格差是正と議員定数の削減を「何としてもやり遂げたい」と強調し、民主党が国会に提出した衆院選挙制度改革法案への理解を求めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up