Reuters logo
街角景気、10月は好況感が継続 台風・選挙の悪影響は限定的
2017年11月9日 / 05:26 / 14日後

街角景気、10月は好況感が継続 台風・選挙の悪影響は限定的

[東京 9日 ロイター] - 内閣府が9日に発表した10月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIは52.2で、前月比0.9ポイント上昇し、2カ月連続の上昇となった。横ばいを示す50の水準も2カ月連続で上回った。台風や衆院選挙にもかかわらず消費の落ち込みは限定的で、企業動向や雇用関連の好調も下支えした。先行きDIも大幅に上昇している。

 11月9日、内閣府が発表した10月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIは52.2で、前月比0.9ポイント上昇し、2カ月連続の上昇となった。写真は買い物客が行きかう新宿の通り。2016年4月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

景気の現状をみると、10月は週末に2週連続で台風が到来し飲食関連を中心に客足が遠のいた業態もあったが、落ち込みは飲食関連など一部にとどまり、影響は限定的だった。

「衆議院選挙と台風の影響かとみているが、来客数が少ない」(北関東・乗用車販売店)といったマイナス面がある一方で、「気温の低下、悪天候により、セーターを含めた防寒衣料が活発に動いている」(南関東・衣料品専門店)など、天候要因はプラスにも寄与した面がある。

企業活動もDIが50を超える状況が継続している中で、10月は一段と改善した。「円安が続く現状から、今後しばらくは輸出が好調に推移するとみている」(北陸・輸送業)、「建設分野以外活動水準が向上、薄板コイルセンターは忙しくなってきている」(中国・鉄鋼業)など、需要の増加が伺える。

2─3カ月先を見る先行き判断DIは54.9で、前月比3.9ポイントの大幅上昇。2カ月ぶりの上昇となった。50の水準を5カ月連続で上回った。

「衆院選の結果から、安定した経済政策が期待できる。年末年始は商店街内のさまざまなイベントが予定されており、客数も多くなると思う」(四国・商店街)など季節的に書き入れ時となることや、「客単価は上昇しているので、利益高は上向いている」(九州・乗用車販売店)といった消費の復調に期待する声もある。

*内容を追加しました。

中川泉 編集:田中志保

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below