Reuters logo
アサンジ氏、エクアドル大使館に滞在継続へ 大統領選左派勝利で
2017年4月3日 / 08:05 / 8ヶ月後

アサンジ氏、エクアドル大使館に滞在継続へ 大統領選左派勝利で

[キト 2日 ロイター] - 2日に行われたエクアドル大統領選挙の決選投票で、保守派の元銀行家ギジェルモ・ラソ氏が僅差で敗れる見通しとなったことを受け、「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者は、エクアドルの在ロンドン大使館に滞在し続けることができるもようだ。

 4月2日、同日に行われたエクアドル大統領選挙の決選投票で、保守派の元銀行家ギジェルモ・ラソ氏が僅差で敗れる見通しとなったことを受け、「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者(写真)は、エクアドルの在ロンドン大使館に滞在し続けることができるもようだ。ロンドンで2月撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls)

アサンジ氏は、現左派政権の保護の下、同大使館に5年近く身を寄せているが、ラソ氏は、決選投票で勝利した場合、30日以内にアサンジ氏を退去させると表明していた。

ラソ氏の敗北が確実となったことを受け、アサンジ氏は2日夜、「ラソ氏がエクアドルを30日以内に去るよう求める。(タックスヘイブンにある数百万ドルを持ち出しても、持ち出さなくても)」とツイッターに投稿。ラソ氏が資金を海外に隠し、税金を免れていると非難した。

大統領選で勝利宣言した左派のレニン・モレノ前副大統領は、より強硬な立場を取る可能性もあると警告した上で、アサンジ氏を同大使館で保護し続けると約束。2月に行われた地元テレビ局のインタビューでは、アサンジ氏に「エクアドルの友好国の政策に介入しないよう求める意向」と語った。

大統領選は接戦となっており、アサンジ氏は大使館に滞在し続けられたとしても、厳しい立場に置かれる可能性がある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below