April 5, 2015 / 10:12 PM / 5 years ago

仏アレバの労組、原子炉事業のEDFへの売却計画に反対

[パリ 3日 ロイター] - フランス原子力大手アレバAREVA.PAの労組は3日、経営不振に陥っている同社グループ傘下の原子炉事業の一部ないし全てをフランス電力大手EDF(EDF.PA)に売却する計画に反対すると表明した。

労組は、原子炉事業の一部ないし全てを売却すればアレバ・グループは崩壊することになり、経営不振の解決にはつながらないと主張した。アレバには仏政府が87%出資している。

労組筋によると、2日にはアレバの経営陣が従業員代表らに対し、グループ内の原子炉事業のEDFへの売却計画のほか、大型原子炉プロジェクトのエンジニアリング事業のEDFへの移転など別の計画についても説明したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below