for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スエズ座礁船、離礁作業難航 エジプト大統領は荷降ろし準備指示

スライドショー ( 2枚の画像 )

[イスマイリア(エジプト) 28日 ロイター] - エジプトのスエズ運河で大型コンテナ船「エバーギブン」が座礁し航路が遮断されている問題で、サルベージ担当者らは船の離礁に向けた掘削・浚渫(しゅんせつ)作業を加速させた。ただ、関係筋によると、船首の下で岩が見つかり、作業が難航しているという。

こうした中、スエズ運河庁(SCA)のラビア長官は、座礁船に積まれている1万8300個のコンテナの一部荷降ろしが必要になった場合に備えて準備するようエジプトのシシ大統領から指示があったと、地元メディアに語った。

SCAは声明で、掘削機で運河の岸を一部取り除いているほか、船首付近で水深18メートルまで浚渫(しゅんせつ)が進んでいると説明した。タグボートで船を動かす作業への言及はなかったが、SCA当局者や関係筋はこれまでに、28、29日に満潮で水位が上がるのを利用して離礁させたい考えを示している。

SCAによると、これまでに少なくとも2万7000立方メートルの土砂が船の周りから除去された。ただ、同庁関係者がロイターに明らかにしたところによれば、船首付近で岩の塊が見つかり、作業が難航しているという。

ラビア長官は、コンテナ船やバルク船、石油タンカー、LNG(液化天然ガス)船、LPG(液化石油ガス)船を含め少なくとも369隻が足止めされていると明らかにした。

また、航路遮断で影響を受けた船の荷主に割引を提供する可能性があるとした上で、運河側に事故の責任がないことが調査によって明らかになるだろうと述べた。

航路遮断が長引けば、アフリカの喜望峰を迂回するルートに切り替える海運会社が出てくる可能性があるが、航海期間が2週間程度延びるほか、燃料コストもかさむ。

ロイターが確認したAPモラー・マースクのメモによると、同社はこれまでに15隻を喜望峰ルートに迂回させた。スエズ運河の通航待ちと同程度の時間との試算が判明したためという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up