for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エーザイ、22年3月期予想を下方修正 米社が認知症薬の事業縮小

 5月4日、エーザイは、米製薬バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュヘルム(一般名:アデュカヌマブ)」の需要予測に関連して、2022年3月期の連結利益予想(国際会計基準)を下方修正すると発表した。写真はロゴ、2018年3月撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 4日 ロイター] - エーザイは4日、米製薬バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュヘルム(一般名:アデュカヌマブ)」の需要予測に関連して、2022年3月期の連結利益予想(国際会計基準)を下方修正すると発表した。米社の最新予測を受けて販売権の評価を見直した結果、減損損失や米社計上の在庫評価損のエーザイ負担分を計上するという。

営業利益は535億円(従来予想780億円)、当期利益は480億円(同605億円)に見直した。一方、売上収益は、製品販売や為替の動向を踏まえて7300億円から7560億円に上方修正した。1株160円の年間配当予想は変更しない。

アデュカヌマブは一時「夢の薬」と期待されていたが、米国の高齢者向け公的医療保険「メディケア」当局が4月に保険適用を臨床試験の参加者に限定する方針を最終決定。また、バイオジェンは同月、欧州医薬品庁(EMA)への販売承認申請を取り下げている。 バイオジェンは3日、アデュカヌマブ事業の縮小を表明するとともに、ミシェル・ボナッソス最高経営責任者(CEO)の退任を発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up