for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エルサルバドル、9月7日にビットコイン法定通貨化 「使用任意」

 6月24日、中米エルサルバドルのブケレ大統領(写真)は演説し、このほど議会を通過した暗号資産(仮想通貨)ビットコインの法定通貨化について、9月7日に施行すると表明した。写真は、法定通貨化について話す同大統領。提供写真(2021年 ロイター/Secretaria de Prensa de La Presidencia)

[サンサルバドル 24日 ロイター] - 中米エルサルバドルのブケレ大統領は24日に演説し、このほど議会を通過した暗号資産(仮想通貨)ビットコインの法定通貨化について、9月7日に施行すると表明した。使用は任意だとした。

議会はビットコインを法定通貨として採用する大統領提案を賛成多数で承認。ビットコインの法定通貨採用は世界初。

ブケレ大統領は「ビットコインの使用は任意になる。望まなければ誰もビットコインを受け取ることはない。ビットコインで支払いを受ければ自動的にドルで受け取ることを選択できる」と述べた。給与や年金は引き続き米ドルで支払われるとした。

アセナ・ビットコインはこれに先立ち、100万ドル超を投じて住民が海外からの送金を受け取る場所を中心にエルサルバドルで仮想通貨ATM約1500台を設置する計画を明らかにした。アセナ・ビットコインのウェブサイトによると、ATMはビットコイン売買に利用できるという。

ブケレ大統領は「われわれがビットコイン法を通過させた理由の一つはまさに送金する人々を支援するためだ」と説明。仮想通貨を利用することによってこれまでの高い手数料をなくすことができると付け加えた。

エルサルバドルは海外在住の労働者からの送金に大きく依存している。世界銀行のデータによると、同国への送金は2019年に約60億ドルと国内総生産(GDP)の約2割を占め、比率が世界で最も高い国の一つとなっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up