for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

​エルサルバドル、ビットコインを法定通貨に採用 世界初

[サンサルバドル 9日 ロイター] - 中米エルサルバドルの議会は、暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨として採用するブケレ大統領の提案を賛成多数で承認した。ビットコインの法定通貨採用は世界初。

ブケレ大統領は、海外在住の国民が自国に送金する際にビットコインが役立つと強調する一方、米ドルも法定通貨として存続させると指摘。ビットコインの使用は任意であり、利用者にリスクをもたらすことはないとした。政府はエルサルバドル開発銀行に設けた信託を通じて取引時のドルの兌換性を保証する。

法定通貨としての使用は90日後に法制化され、ビットコインとドルの為替レートは市場で決定される。法制化されれば、企業の商品およびサービスへの支払いや納税にビットコインを利用することが可能となる。

ビットコインは5%高の3万5197ドルと2週間ぶりの高値に浮上。仮想通貨ファンドのデジタル・アセット・キャピタル・マネジメントのリチャード・ガルビン氏は「市場はエルサルバドルでの法定通貨への採用と他国の追随の有無に注目するだろう」と指摘。「向こう2─3年間のビットコインにとって重要な材料になる」と述べた。

エルサルバドルの経済は海外労働者からの送金に大きく依存しており、世界銀行のデータによると、同国への送金額は2019年に約60億ドルと国内総生産(GDP)のおよそ5分の1を占めている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up