September 27, 2019 / 1:04 AM / in 18 days

エルサルバドル大統領、国連演説「ちょっと待って」 壇上で自撮り

[国連 26日 ロイター] - 米ニューヨークで開かれている国連総会で26日、エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領(38)が、壇上で演説を開始する前に携帯電話を取り出してセルフィー(自撮り)を撮影し、話題を呼んでいる。

ブケレ大統領は会場に対し少し待つよう要請し、セルフィーを撮影。「この演説を聞くよりもこのセルフィーを見る人の方がずっと多いだろう」とジョークを飛ばした。その後演説を行い、国連に時代とともに変化し、また世界の指導者に自国の若者とのつながりをさらに深めるよう求めた。

今年6月に大統領に就任したブケレ氏はソーシャルメディアを頻繁に利用している。演説では、フェイスブックのライブ配信機能などを活用したことが自身の大統領選勝利につながったと述べた。

ブケレ氏が演説終了後に壇上で撮ったセルフィーをツイッターに投稿すると、1時間以内に7000以上の「いいね」を獲得した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below