June 17, 2019 / 4:57 AM / a month ago

UAEで外国人による捨て猫が問題に、150匹保護する女性も

 アラブ首長国連邦(UAE)の街アル・アインに、148匹のネコと暮らす女性がいる。その大部分が、外国人の飼い主がUAEを離れる時に捨てていったという。11日撮影(2019年 ロイター/Satish Kumar)

[16日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)の街アル・アインに、148匹のネコと暮らす女性がいる。その大部分が、外国人の飼い主がUAEを離れる時に捨てていったという。

女性の名前はアメナ・アルアベビーさん。ネコの数は、2匹の里親となったのをきっかけにしだいに増えていった。野良ネコや怪我をしたネコを見つけた近所の人たちは、アメナさんのところに連れてくる。

アメナさんによると、UAEでの問題は「住民の80%が外国人であり、そのため居住地が不確実になっていることと、治療費の高騰」だという。

慈善団体や市民社会団体は資金が不足しており、アメナさんが得られる支援も限られている。

多くのボランティアは、動物の保護が家主との関係に影響を与えることを恐れ、メディアの注目を避けている。アメナさん自身も家主との間に問題を抱える。近隣住民らが彼女に引っ越しを求め、警察からネコを手放すよう要請されたが、アメナさんは強く拒否した。

気候変動・環境省はこのほど、路上にペットを遺棄した住民を処罰する法律を可決した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below