December 24, 2019 / 2:41 AM / a month ago

ドバイ不動産大手、世界一高いビルの展望デッキ売却へ

 関係筋によると、ドバイの不動産大手エマール・プロパティーズは、世界一高い高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の観光名所である展望デッキ「At The Top」を売却する。写真はライトアップされた「ブルジュ・ハリファ」。1月撮影(2019年 ロイター/ Hamad I Mohammed)

[ドバイ 23日 ロイター] - ドバイの不動産大手エマール・プロパティーズは、世界一高い高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の観光名所である展望デッキ「At The Top」を売却する。4人の関係筋がロイターに明かしたもので、実現すれば不動産低迷の中で10億ドルの資金調達となる可能性がある。

関係筋の2人は、エマールは英スタンダード・チャータード銀行をこの売却に関する顧問に指名したと述べた。

エマールとスタンチャートは、コメントを控えた。

ある銀行筋によると、「At The Top」の年間収入は6─7億ディルハム(1億6300万─1億9100万ドル)。ある金融筋は、その価値は10億ドル前後に上る可能性があると試算した。

2人の筋はともに、売却プロセスは11月に開始したと述べたが、契約が公開されていないことから匿名を希望した。

ドバイは観光や貿易、ビジネスサービスで地域のハブとなっているが、不動産市場は過去10年間の大半で低迷している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below