November 11, 2019 / 10:05 AM / a month ago

OPECプラス、協調減産を延長へ 追加減産ない見通し=オマーン

 11月11日、オマーンのルムヒ・エネルギー相は、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの主要産油国で構成する「OPECプラス」は恐らく減産期限を延長することで合意するものの、追加減産には踏み切らないとの見解を示した。写真はウィーンのOPEC本部で7月2日撮影(2019年 ロイター/Lisi Niesner)

[アブダビ 11日 ロイター] - オマーンのルムヒ・エネルギー相は、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの主要産油国で構成する「OPECプラス」は恐らく減産期限を延長することで合意するものの、追加減産には踏み切らないとの見解を示した。一方、アラブ首長国連邦(UAE)のマズルーイ・エネルギー相は、長期的な石油需要の伸びについては懸念していないと述べた。

OPECプラスは今年1月以降、石油価格の押し上げを狙い、2020年3月まで日量120万バレルの減産を実施することで合意している。

OPECプラスの次回の会合は12月に予定されている。

ルムヒ・エネルギー相は当地で開かれたエネルギー関連の会議で記者団に対し、「期限は恐らく(延長されるが)、追加減産は今後2週間に何か起きない限り可能性は低い」と語った。オマーンはOPEC加盟国ではない。

同相は貿易摩擦が緩和されるとともに石油需要は改善しつつあり、オマーンとしては現在の価格水準に満足していると発言した。

原油先物価格は11日、米中通商協議の先行きに慎重な見方が広がったため、1%以上値下がりした。

サウジアラビアとイラクに次いでOPEC第3位の産油国であるUAEのマズルーイ・エネルギー相は同じ会議で、石油需要の伸びについて「妥当だ」との見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below