September 12, 2019 / 8:26 AM / 4 days ago

OPEC、減産順守強化へ イラクとナイジェリアが合意

[アブダビ 12日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は12日、協調減産の割当を上回る生産を続けるイラクとナイジェリアなどに対し、目標に沿った生産を行うよう求め、生産を抑制することで合意した。

 9月12日、石油輸出国機構(OPEC)は協調減産の割当を上回る生産を続けるイラクとナイジェリアなどに対し、目標に沿った生産を行うよう求め、生産を抑制することで合意した。写真はサウジのアブドルアジズ・エネルギー相。アブダビで9日撮影(2019年 ロイター/Satish Kumar)

原油先物価格LCOc1はこのところ、今年のピークである1バレル=75ドルを大きく下回り、60ドル割れが続いている。世界経済の減速に対する不安が、イランとベネズエラ産原油の供給減懸念を上回っている形だ。

OPEC加盟国とロシアなど非加盟国でつくる「OPECプラス」はこの日、アブダビで合同閣僚監視委員会(JMMC)を開いた。OPECプラスは全体で日量120万バレルの目標減産量を達成。ただ、イラクやナイジェリアなど一部加盟国は割当枠を超えて生産している。

OPEC第2位の生産国であるイラクは、10月までに日量17万5000バレル減産することを約束。ナイジェリアは同5万7000バレル減らすという。

関係筋2人は、これにより日量40万バレル以上の減産になると明かした。

これに先立ち、サウジアラビアとロシア両国のエネルギー相は12日、OPECプラスの合同閣僚監視委員会を控え、すべての産油国に対し、協調減産合意を順守するよう呼び掛けた。

サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は、すべての産油国が減産を順守し、市場の安定を図り、産油国の結束を示すべきと主張。

ロシアのノバク・エネルギー相は、OPECプラスの主たる目標は、減産の完全な調和を維持することであり、産油国の協調した取り組みが国際原油市場に持続的でポジティブなインパクトを与えると指摘した。

OPECとロシアなどの産油国は昨年12月、今年1月1日から日量120万バレルの減産を実施することで合意した。減産の実施期間は2020年3月まで。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below