for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ハリー・ポッター」盗作訴訟、著者は「ばかげている」

 2月18日、J・K・ローリング氏は、「ハリー・ポッター」盗作訴訟は「事実無根」で「ばかげて」いると述べた。写真は2009年7月、ロンドンでのイベントに出席するローリング氏(2010年 ロイター/Luke MacGregor)

 [ロンドン 18日 ロイター] ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリング氏は、4作目の「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が別の児童文学を盗用したとの訴えについて声明を発表し、「事実無根」で「ばかげて」おり、却下されるべきとの考えを示した。

 盗用を訴えているのは、故エイドリアン・ジェイコブズ氏の著作権管理団体。ロンドンの高等法院で昨年6月、「ハリー・ポッター」シリーズの出版元ブルームズベリーBLPU.Lを相手取り、訴訟を起こしていた。

 ローリング氏は声明で「盗用をしたという訴えがまたあったことを悲しく思う」と語り、「初めの訴えがあるまで、その著者や作品については一切聞いたことがなく、もちろん読んだこともなかった」と説明。裁判所に対し、この訴えを速やかに却下するよう求めると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up