for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スタートレックのミスター・スポック、「故郷」に帰還

 4月23日、カルガリーの南東約100キロに位置するバルカンを訪れた「ミスター・スポック」役で知られる米俳優レナード・ニモイ(2010年 ロイター/Todd Korol)

 [バルカン(カナダ・アルバータ州) 23日 ロイター] 人気SFシリーズ「スタートレック」の「ミスター・スポック」が23日、ついに「故郷」に帰還した。

 加アルバータ州カルガリーの南東約100キロに位置する、人口2000人の農業の町バルカンは、「スタートレック」に登場する惑星「バルカン」と同名であることから、観光客や、とりわけ熱狂的なファンに人気のスポットとなっている。

 そんなバルカンの町を、幼少期を「バルカン星」で過ごし、「バルカン人」として育った「ミスター・スポック」を演じた米俳優レナード・ニモイ氏(79)が初めて訪れた。

 ニモイ氏は、手作りのスタートレックのユニフォームなどで仮装した大勢の町民が大歓声を送る中行われた式典で、「私はバルカン人として44年間過ごし、家に帰る時期が来たと考えた」とあいさつした。

 同町はニモイ氏に対し、長年にわたり訪問を働きかけてきた。同氏の滞在は短時間ではあったが、「バルカン人」のトレードマークであるとがった耳を付けたトム・グラント町長は「ミスター・スポックとレナード・ニモイの故郷の帰還を歓迎する機会となった」と語り、念願がかなった喜びを見せた。

 毎年行われる同町の夏祭りは、「スポック・デイズ」という名前で知られている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up