for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「最も影響力大きいPV」はM・ジャクソンのスリラー=調査

 [ロンドン 3日 ロイター] 昨年6月に急逝したマイケル・ジャクソンの「スリラー」のビデオが「最も影響力の大きいポップミュージックビデオ」だという調査結果が、3日明らかになった。

 5月3日、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のビデオが「最も影響力の大きいポップミュージックビデオ」という調査結果が明らかに。2007年4月撮影(2010年 ロイター/Chip East)

 同調査は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のマイスペースが、音楽ファン1000人以上に音楽・エンターテインメントの評論家が選んだ音楽ビデオ20種類の中から好きなビデオを選択してもらう方法で実施。

 その結果、音楽と映画制作の境界を卓越したとの評価で「スリラー」が得票率15.2%で1位となった。2位にはトレッドミルを使ったダンスがインターネットで話題となった米シカゴ出身の4人組ロックバンド「オーケー・ゴー(OK GO)」の「ヒア・イット・ゴーズ・アゲイン」、3位はブリトニー・スピアーズの「ベイビー・ワン・モア・タイム」だった。

 「最も影響力の大きいポップミュージックビデオ」のトップ10は以下の通り(すべて原題)。

 1.スリラー/マイケル・ジャクソン/1983年/15.2%

 2.ヒア・イット・ゴーズ・アゲイン/OK GO/2006年/11.7%

 3.ベイビー・ワン・モア・タイム/ブリトニー・スピアーズ/1998年/11.2%

 4.テイク・オン・ミー/A-HA/1985年/8.6%

 5.Johnny Cash/Hurt/2003年/7.6%

 6.ボヘミアン・ラプソディー/QUEEN/1975年/5.6%

 7.ダフト・パンク/アラウンド・ザ・ワールド/1997年/5.4%

 8.Weapon of Choice/ファットボーイ・スリム/1999年/4%

 9.スレッジハンマー/ピーター・ガブリエル/1986年/3.7%

10.Beastie Boys/Sabotage/1994年/3.5%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up