for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北米映画興行収入=「アイアンマン2」、初登場で歴代5位に

 5月9日、北米映画興行収入で「アイアンマン2」がオープニング記録で歴代5位に。写真はプレミア試写会でのロバート・ダウニー・ジュニア(左)とグウィネス・パルトロー。ハリウッドで4月撮影(2010年 ロイター/Mario Anzuoni)

 [ロサンゼルス 9日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく5月7日―9日の北米映画興行収入ランキングは、大ヒットしたアクション映画の続編「アイアンマン2」(日本公開は6月11日)がオープニング週末の興収として歴代5位となる1億3360万ドルを記録し、首位に立った。

 ロバート・ダウニー・ジュニア主演の同作品は、6月に開幕するサッカーのワールドカップの影響を考慮し、北米以外では一足早く先週に封切り。英国、韓国、オーストラリア、フランスでも首位となり、全61カ国での世界興行収入も1億9400万ドルに伸ばした。

 同作品の北米オープニング興収は、2008年に公開されたバットマンシリーズの「ダークナイト」が記録した1億5800万ドルを超えるとの見方も一部であったが、ほぼ予想通りのスタートとなった。シリーズ1作目は北米で3億1800万ドル、世界全体では5億8500万ドルを売り上げている。

 このほか、先週首位の「エルム街の悪夢」(日本公開は6月26日)が920万ドルで2位、家族向け3Dアニメ「ヒックとドラゴン」(同8月7日)が680万ドルで3位と、それぞれ1つ後退した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up