for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

J・デップ、フランス語の活用は「イライラする」と告白

 12月1日、米俳優ジョニー・デップが、映画「ツーリスト」の公開を前にロイターの取材に応じ、フランス語の習得は難しく感じると話した。写真は2月、ロンドンで撮影(2010年 ロイター/Jas Lehal)

 [パリ 1日 ロイター] 米俳優ジョニー・デップ(47)が、パリとベネチアを舞台にした映画「ツーリスト」(日本公開は2011年3月11日)の公開を前にロイターの取材に応じ、フランス語の習得は難しく感じると話した。

 フランス人の女優で歌手のバネッサ・パラディをパートナーに持つデップは、「男性形と女性形の活用が難しく感じる」とフランス語で話し、「イライラさせられる」と述べた。

 また、パリ近郊やフランス南部の農場で生活することもあるデップは、「フランスでは普通の生活に近い感覚を味わうことができる。何だか分からないが、(フランスには)引き付けられるものがある」と話した。

 「ツーリスト」で初めて共演した米女優アンジェリーナ・ジョリーにどんな役が合うかと問うと、シェイクスピアの「マクベス」に登場するマクベス夫人などを挙げた。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up