for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビートルズ拒否のレコード会社、50年後にマッカートニーと契約

 8月23日、ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニーが、約50年前に同バンドとの契約を拒否したレコード会社「デッカ」から、バレエ音楽の作品をリリースする。ペルーの首都リマで5月撮影(2011年 ロイター/Pilar Olivares)

 [ロンドン 23日 ロイター] ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニー(69)が、約50年前に同バンドとの契約を拒否したレコード会社「デッカ」から、バレエ音楽の作品をリリースする。

 マッカートニーがデッカからリリースする作品は、ニューヨーク・シティ・バレエ団から委嘱を受けて書き下ろした「Ocean’s Kingdom(原題)」。マッカートニーにとって、バレエ作品は初の試みだという。作品は英国で10月3日に発売される。

 デッカは1962年、「ギター演奏をするグループは落ち目」で、「ショービジネスにビートルズの将来はない」などとし、同バンドとの契約を断ったとされている。 

 その後、ビートルズはEMIグループのパーロフォンから作品をリリース。最も成功し、最も大きな影響力を誇るポップバンドとも言われており、デッカの契約拒否は、音楽業界における最大の失敗の1つと評されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up