for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送:ソニーが英EMIの出版部門を買収、音楽ソフト強化へ

 [東京/ニューヨーク/パリ 12日 ロイター] ソニー6758.Tは12日、英音楽大手EMIの音楽出版部門を投資ファンドなどともに総額22億米ドル(約1700億円)で買収すると発表した。

 米国時間11日、ソニー率いる出資グループが、EMIの株主の米シティグループC.Nとの間で、音楽出版部門を切り出して買収することで合意した。ソニーは音楽事業のソフトを拡充する。

 ソニーの出資グループは、ブラックストーンBX.NグループのGSOキャピタル・パートナーズ、アブダビ政府100%出資のムバダラ開発公社などとともに構成。出資グループがEMIの出版部門を買収するために設立する新会社に対し、ソニーは38%の持ち分を取得する。さらに同新会社の増資によって最大で40%の持ち分を取得する権利を得た。

 EMIの出版部門は、世界で130万超の楽曲の著作権を管理している。ソニーは、液晶テレビ・スマートフォン・タブレット端末・パソコンなどのハード端末に、同社の音楽や映画などのソフトを配信することで差別化を図る「ハードとソフトの融合」(ハワード・ストリンガー会長兼社長)路線を掲げており、EMIの出版部門の買収で音楽ソフトの拡充につなげるねらいがある。ハード端末の分野では、液晶テレビ事業は2012年3月期で8年連続で赤字になる見込みで収益改善に着手しているほか、携帯合弁のソニー・エリクソンを来年1月に完全子会社化するなど事業基盤を固めている。 

 <レコード部門はユニバーサルが分割買収> 

 EMIの株式売却は、ソニー連合が出版部門を買収するほか、レコード部門を分割して実施する。仏メディア大手ビベンディVIV.PA傘下のユニバーサル・ミュージックは現地時間11日、EMIのレコード部門を19億ドル(約1470億円)で買収すると発表した。

 米シティグループが募集したEMIの株式売却をめぐっては、ワーナー・ミュージックがレコード部門、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)KKR.Nが支援するBMGが出版部門の取得を目指しており、先週までは両社の優勢が伝えられていた。 だがEMIが抱える年金債務をめぐり、ワーナーはシティグループと折り合わずに買収を断念した。複数の関係筋によると、ソニー連合はUBSから10億ドル(約770億円)以上の資金を確保して買収額を引き上げることでBMGに競り勝ったという。

 (ロイターニュース 村井令二)

*カテゴリーを変更して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up