for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブッダの絵入り下着など、タイ政府が業者に販売中止を要請へ

 [バンコク 29日 ロイター] タイの政府関係者が29日、米国のオンラインショップに対し、仏陀(ぶっだ)の絵が描かれた下着と犬用Tシャツの販売中止を求める考えを明らかにした。

 タイ外務省のスポークスマンは「こういった商品はタイ人のみならず、世界中の仏教徒の感情を害するものです」と指摘。駐米外交官らを通じ、米カリフォルニア州を拠点とするオンラインショップ「CafePress.com」に対し、これら商品の掲載中止を求めることを明らかにした。

 同ショップはサイト上で仏陀に関連する商品70種以上を取り扱っており、女性用ショーツは1枚12.99ドル(約1600円)、犬用Tシャツは1枚16.99ドル(約2100円)で販売されている。

 タイでは、国民の約90パーセントが仏教徒であり、犬は人よりも劣る存在と見なされている。

 2004年には、米大手女性下着ブランドのビクトリアズ・シークレットが同様の苦情を受け、仏陀の絵をあしらったビキニの販売を中止した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up