for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランス人振付師M・ベジャール、80歳で死去

 11月22日、現代舞踊界の重鎮の1人、フランス人振付師のベジャール氏が亡くなった。写真は1995年撮影の資料写真(2007年 ロイター/John Schults)

 [ジュネーブ 22日 ロイター] 現代舞踊界の重鎮の1人、フランス人振付師のモーリス・ベジャール氏が22日、スイスの病院で亡くなった。80歳だった。同氏が創設した「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」のスポークスマンが明かした。

 ベジャール氏は、腎臓と心臓の疾患のため、最近数カ月間入退院を繰り返していた。

 ベジャール氏はフランス南部のマルセイユで誕生。1959年の「春の祭典」で人気を得た。代表作に「ボレロ」や「さすらう若者の歌」、「火の鳥」、「レニングラードの想い出」などがある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up