for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「金正恩氏暗殺」テーマの映画プレミア、ソニーが取材を制限

 12月10日、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、北朝鮮をやゆしたコメディー映画のプレミア試写会について、レッドカーペットでの取材を制限すると明らかにした。写真は米カリフォルニア州カルバーシティーの同社の動画から(2014年 ロイター)

[ロサンゼルス 10日 ロイター] - ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は、北朝鮮をやゆしたコメディー映画「ザ・インタビュー」のプレミア試写会について、レッドカーペットでの関係者への取材を制限すると明らかにした。今週から来週にかけて予定していたロサンゼルスとニューヨークでの記者会見も中止となった。

映画は25日から全米で公開される。

11日にロサンゼルスで行われる試写会では、会場に到着した出演者らの写真撮影が固定位置からに限られ、動画はSPEのビデオチームによる撮影のみとなる。このため、俳優セス・ローゲンやジェームズ・フランコらへの取材はできなくなる。

映画は、ローゲンとフランコ演じるテレビスタッフが金正恩第1書記とのインタビューのため北朝鮮に入国し、米中央情報局(CIA)から正恩氏暗殺を依頼されるというストーリー。

ソニー6758.Tからのコメントは現時点で得られていない。

SPEは11月24日に大規模なハッカー攻撃を受け、この作品との関連性が疑われている。関係筋は北朝鮮によるものとの見方を強めているが、同国は否定している。

※英文参照番号[nL3N0TV03L](契約の内容によっては英文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up