for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「トランスフォーマー」撮影現場でまた被害、男らがスタッフ恐喝

10月24日、米人気SF映画「トランスフォーマー」シリーズ最新作の撮影が行われている香港で、スタッフが地元の男らに恐喝される事件が起こった。写真は撮影現場を警備する地元警察(2013年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 24日 ロイター] - 米人気SF映画「トランスフォーマー」シリーズ最新作の撮影が行われている香港で、スタッフが地元の男らに恐喝される事件が起こった。香港メディアが23日報じた。撮影をめぐっては、17日にマイケル・ベイ監督が男から暴行を受けたばかり。

同作の撮影現場では22日、女性スタッフが屋根での撮影を準備していたところ、男らに金銭を要求された。警察は35歳の男を逮捕し、別の3人の行方を追っている。逮捕された男は暴力団員とみられる。

撮影は24日も続いたが、少なくとも10人の警官が警備し、撮影現場は封鎖された。

警察によると、17日には、セットで撮影中のベイ監督に28歳と27歳の兄弟が近づき、弟の方が10万香港ドル(約126万円)の支払いを求めた。口論の末に兄がベイ監督に殴りかかり、仲裁しようとした警察官3人にも手を上げたという。弟が恐喝と暴行の容疑で、兄が暴行容疑でそれぞれ逮捕された。

最新作「Transformers: Age of Extinction(原題)」は、2014年6月に公開予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up