December 20, 2018 / 6:15 AM / 3 months ago

レザーの代わりにパイナップルの葉で生地、持続可能なファッション

 12月19日、パイナップルの葉の繊維を使ってレザーに似せた「ピニャテックス」を動物の皮革に代わる持続可能な素材としてファッション業界で使用拡大させようとスペインの女性実業家が奮闘している。写真は、この生地で作ったジャケット。ロンドンで13日撮影(2018年 ロイター/Matthew Stock)

[ロンドン 19日 ロイター] - パイナップルの葉の繊維を使ってレザーに似せた「ピニャテックス」を動物の皮革に代わる持続可能な素材としてファッション業界で使用拡大させようとスペインの女性実業家が奮闘している。

デザイナーのカルメン・ヒホサさんは、開発に8年を要した。「非常に良質で、強度も柔軟性もある」と語る。売り込みのため会社を設立し、フィリピンのパイナップル農家と提携。同国で繊維を採取し、生地の仕上げはスペインで行っている。

1平方メートルのピニャテックスを織るには、460枚の葉が必要だが、素材に困ることはない。上位10位のパイナップル生産国が廃棄する葉でこの生地を作った場合、理論上は、世界のレザー生産量の半分以上を置き換えることができるという。

ピニャテックスは2015年の商用生産開始以来、約500社のメーカーで使用された。独ファッションブランドのヒューゴ・ボスが、完全菜食主義者ビーガン向けにスニーカーを製作した際にも、この生地が採用された。

Altiirというブランドのクリエーティブディレクターは「最初は誰もがレザーだと勘違いするが、触ってみて違うと分かる」とコメント。「独自の素材だ。完全に持続可能ということ以外、レザーと変わらない」と評価した。

ただ、ビーガンになるのはお安くはなく、ピニャテックスを使用したAltiirのジャケットの値段は680ポンド(約9万7000円)だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below