August 30, 2018 / 5:25 AM / 3 months ago

ドイツの芸術祭でエルドアン像設置、住民の猛抗議で撤去される

 8月29日、ドイツ西部の都市ウィースバーデンで「悪いニュース」をテーマとした芸術祭のため設置されたトルコのエルドアン大統領像に地元住民から抗議が殺到し、安全上の理由として消防が撤去する事態となった。28日撮影(2018年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツ西部の都市ウィースバーデンで27日、「悪いニュース」をテーマとした芸術祭のため設置されたトルコのエルドアン大統領像に地元住民から抗議が殺到し、29日に安全上の理由として消防が撤去する事態となった。

高さ4メートルの金色の像で、市中央の広場で片腕を伸ばしている様子が表現されている。

設置されると、像は「トルコのヒトラー」などと落書きされ、住民数百人が抗議デモを行った。

これを受け、警察が人々の安全を保障できないと判断。消防隊員らが大型クレーンを使用して29日未明に像を撤去した。

主催者は「エルドアン大統領を物議をかもす人物として考えをめぐらすことは適切であり、この国では自由な議論が認められている」としている。住民は、賛成派と反対派で意見が分かれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below