for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エリクソン、イラク不祥事巡り罰金の可能性 決算は予想下回る

 4月14日、スウェーデンの通信機器大手エリクソンは、イラクの不祥事を巡り米規制当局から罰金の支払いを命じられる可能性があると表明した。写真は同社のロゴ。上海で2019年6月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

[ストックホルム 14日 ロイター] - スウェーデンの通信機器大手エリクソンは14日、イラクの不祥事を巡り米規制当局から罰金の支払いを命じられる可能性があると表明した。

ボリエ・エクホルム最高経営責任者(CEO)が明らかにした。具体的な罰金額は推定できないという。

同社では、内部調査で過激派組織「イスラム国」(IS)に資金が渡った可能性があることが判明。株主から批判を浴びており、株価は過去2カ月で下落している。

同社が発表した第1・四半期の調整後営業利益は47億スウェーデンクローナ(4億9744万ドル)。前年同期は53億クローナだった。ロシア事業の停止が響いた。

リフィニティブのデータによると、市場予想は66億3000万クローナ。今週発表したロシアに関連する9億クローナの引当金は予想に反映されていない。

ただ、売上高は11%増の551億クローナと、予想の533億6000万クローナを上回った。

同社は11日、ロシアでの事業を無期限で停止すると発表。事業停止に伴う資産の減損やその他コストに備え、第1・四半期に9億クローナ(約9500万ドル)の引当金を計上するとしていた。

通常第1・四半期に計上している10億クローナの年間ソフトウエア契約は、第2・四半期にずれ込む。

引当金などの費用を除いたコア利益は59億クローナ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up