March 21, 2019 / 11:08 PM / 9 months ago

米ボーイング、墜落事故受け迎え角のシステム標準装備に=関係筋

 3月21日、米ボーイングは、2度の墜落事故を起こしたボーイングの旅客機「737MAX」について、これまで義務付けられていなかった迎え角(AOA)の警告システムを標準装備とする。2人の関係筋が明らかにした。2018年8月撮影(2019年 ロイター/Paulo Whitaker)

[ワシントン/ジャカルタ 21日 ロイター] - 米ボーイング(BA.N)は、2度の墜落事故を起こしたボーイングの旅客機「737MAX」について、これまで義務付けられていなかった迎え角(AOA)の警告システムを標準装備とする。2人の関係筋が21日に明らかにした。

ボーイングは、AOAに関する数字が一致しない場合に警告するこのシステムを提供していたが、規制当局は搭載を義務付けていなかった。関係者によると、ボーイングは今後、古い機体にも導入する。

3月10日のエチオピア航空機の墜落事故では157人が、昨年10月のインドネシアで起きたライオンエアの墜落事故では189人が、それぞれ犠牲になった。この2度の737MAXの墜落事故について、関連性はまだ証明されていないが、機体を自動制御する「MCAS」と呼ぶシステムに何らかの問題があった可能性があるとの指摘が出ている。

ボーイングが既存のMAX機のソフトおよびハードの改良にどの程度の時間がかかるかは不明。専門家は数週間、もしくは数カ月かかる可能性があると指摘する。

一方、ボーイングの民間機部門マーケティング担当バイスプレジデント、ランディ・ティンセス氏は、急きょソフトの変更を進めており、数週間以内に米連邦航空局(FAA)により承認される見通しだと述べた。

さらに、安全性向上に向けスタッフの訓練などを再度行い、再発防止に努めると説明した。

ライオンエアの墜落事故では、墜落直前に機体の適切な速度や角度を保とうとしたパイロットがパニック状態に陥っていたことがインドネシアの捜査当局により明らかになった。最終的な報告書は8月に公表される見通し。

また、エチオピア航空の墜落事故では、エチオピア航空がフライトシミュレーターを保有していながら、死亡した操縦士は模擬訓練を受けていなかったことが同僚パイロットの話で明らかになった。

事故機を操縦していた機長は3月末に短期研修を受ける予定だったと語ったという。エチオピア航空は約2カ月前にボーイングから新型シミュレーターを受け取ったという。[nL3N21830N]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below