March 17, 2019 / 11:18 PM / 6 months ago

ボーイング、737MAX制御システムの安全性分析に不備=米紙

 3月17日、米ボーイングの旅客機737MAXがエチオピアで墜落事故を起こしたことに関連し、米紙シアトル・タイムズは同型機で採用された新型の制御システムに関するボーイングの安全性分析に複数の重大な不備があったと報じた。写真はワシントン州で昨年3月撮影(2019年 ロイター/Jason Redmond)

[17日 ロイター] - 米ボーイング(BA.N)の旅客機737MAXがエチオピアで墜落事故を起こしたことに関連し、米紙シアトル・タイムズは17日、同型機で採用された新型の制御システムに関するボーイングの安全性分析に複数の重大な不備があったと報じた。

同紙が米連邦航空局(FAA)の現役および元エンジニアの話として伝えたところによると、「MCAS」と呼ばれる新制御システムに関するボーイングの安全性分析ではこのシステムの威力が過小評価されていた。

また、同紙がFAAの広報担当者の話として報じたところによると、FAAはMAX機について掘り下げた調査を行わず、通常の認証手続きをとったという。

FAAは報道についてコメントを控えた上で、認証手続きについては既に発表済みとした。FAAはこれまでに、737MAXの認証は通常の手続きを踏んだと明らかにしている。

シアトル・タイムズはさらに、ボーイングとFAAが11日前、エチオピアでの事故に先立ってこの報道の内容について知らされ、返答を求められたとしている。

737MAXは昨年10月にも、インドネシアで起きたライオン航空機の墜落事故で189人が死亡している。

FAAは11日、ボーイングに737MAX8の「設計変更」を4月までに完了するよう指示する方針を明らかにし、ボーイングはその数時間後、同型機のソフトウエア修正を数週間以内に行うと発表した。[nL3N20Y4LX]

ボーイングの広報担当者はFAAによる737MAXの認証について、過去の新型航空機および関連品の認証で適用されたものと同じ要件・手続きに沿って行われたと指摘。FAAは737MAXに搭載されたMCASが認証・規制要件を全て満たしていると結論付けたと説明した。

*写真キャプションを日本語にして再送します

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below