March 15, 2019 / 12:01 AM / 11 days ago

ボーイング、737MAXの引き渡し停止 生産は継続

[シアトル 14日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング(BA.N)は14日、エチオピアで墜落事故を起こした同社の旅客機737MAXについて、引き渡しが凍結状態にあることを確認した。一方、生産は継続しているという。

 3月14日、米航空機大手ボーイングは、エチオピアで墜落事故を起こした同社の旅客機737MAXについて、引き渡しが凍結状態にあることを確認した。写真は737MAX8。ワシントン州で昨年3月撮影(2019年 ロイター/Jason Redmond)

ロイターは13日、同型機の2件の墜落事故を受けて、引き渡しが事実上凍結状態に陥ったと報じた。

ボーイングは14日、米連邦航空局(FAA)の737MAX機の運航停止決定を受けてシアトル近郊の工場で生産する同機の引き渡しを停止したとし、ロイターの報道を確認した。

ボーイングの広報担当者は、生産を継続する一方で、状況を見極めるとコメントした。

同社は月52機の航空機を生産しているが、このうち生産が最も多いのは最新機種である737MAX。ボーイングは具体的な内訳を公表していない。

ロイターは、同社が今後もシアトル郊外の工場で737型機の生産を続け、6月から生産を再び加速する計画を立てていると報じている。

メーカーは、サプライチェーン上の問題で、生産停止・加速を避ける傾向にある。ただ、引き渡しができない航空機は、追加のコストとして保管料が発生する。

運航停止が1カ月続くごとに、ボーイングは18億─25億ドル程度の売り上げが先送りされる可能性がある。運航停止が解除され、機体の引き渡しが行われれば、遅れを取り戻すことが可能になる。

ボーイングが1月に示した2019年の売上高見通しは1095億─1115億ドルだった。

これまで通りのペースで生産を続ける一方で引き渡しを停止すれば、機体を保管するスペースの確保に苦慮することになる。工場で十分なスペースが確保できない場合、ボーイングは工場近くにあるキング郡国際空港などで機体を保管する可能性があると業界関係者は指摘する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below