March 19, 2019 / 2:38 AM / 3 months ago

ボーイング737MAX、米検察当局と運輸省が調査=関係筋

 3月18日、米連邦検察当局と米運輸省は、米ボーイングの737MAX機の開発について調査している。関係筋2人が明らかにした。写真は737MAX8。ワシントンで13日撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン/シアトル 18日 ロイター] - 米連邦検察当局と米運輸省は、米ボーイング(BA.N)の737MAX機の開発について調査している。関係筋2人が18日に明らかにした。

米司法省は、連邦航空局(FAA)のボーイングの監督について調査している。関係筋の1人が明らかにした。ワシントンの連邦大審問は先週、同型機の開発に関与した機関に少なくとも1件の召喚状を出したという。

これとは別に、米運輸省監察官は、FAAのボーイング監督と737MAX機の開発について調査しているという。

司法省の調査については、17日付の米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が最初に報じた。同紙は、同省監察官がこの問題を扱っていると伝えた。

関係筋がロイターに明らかにしたところによると、監察官はこの件に関与しているとみられるが、司法省を支援しているのか、もしくは、正式な調査に踏み切る計画なのかは不明。

今月10日、エチオピア航空の737MAX機が墜落し、157人が犠牲となった。昨年10月にもインドネシアのライオン・エアの同型機が墜落している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below