May 22, 2019 / 9:19 PM / 25 days ago

欧・カナダ当局、737MAX運行再開は独自基準で判断も

[フォートワース(テキサス)/モントリオール 22日 ロイター] - カナダおよび欧州の航空規制当局は22日、運航停止となっている米ボーイング(BA.N)の旅客機「737MAX」を巡り、それぞれの具体的な懸念が払拭されなければ、独自の基準で運航を再開する意向を示した。

世界の航空規制当局は23日にテキサス州フォートワースで会合を開く。米当局者によると、米連邦航空局(FAA)は同会合で、737MAXの運行再開に向け国際的な合意に達することを望んでいるという。

カナダのガルノー運輸相はロイターとのインタビューで「各国が一丸となって同じ目標に達すれば結構なことだが、そうでない場合、運行再開に向け737MAXが安全だと判断するタイミングについてはわれわれ自身が決める」と述べた。

規制当局は、ボーイングの修正ソフトウエアと新たなパイロット訓練について議論するとみられている。

欧州航空安全機関(EASA)の広報担当は、FAAがボーイングの修正ソフトを承認し、MAX機の乗組員に対する適切な訓練を確立すれば、同機に対する独自の追加的な設計審査が完了すると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below