April 4, 2019 / 1:15 AM / 17 days ago

米連邦航空局、ボーイング737MAXの安全性確保に向け新審査

 4月3日、米連邦航空局は同日遅く、インドネシアとエチオピアでの墜落事故を受けて運航停止となっているボーイング737MAX機を巡り、安全性に関する新たな審査を開始すると発表した。写真はレントンのボーイング社工場でテスト飛行する同型機。2016年1月に撮影(2019年 ロイター/JASON REDMOND)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は3日遅く、インドネシアとエチオピアでの墜落事故を受けて運航停止となっているボーイング(BA.N)737MAX機を巡り、安全性に関する新たな審査を開始すると発表した。

FAAは「ボーイング737MAXの安全性を確保するため」に審査組織「合同当局技術審査(Joint Authorities Technical Review)」を設置すると説明。運輸安全委員会(NTSB)委員長を務めた経験があるクリストファー・ハート氏が議長を務めるほか、「FAA、航空宇宙局(NASA)、および国際航空当局からの専門家チーム」で構成されるとした。

同組織は「ボーイング737MAX機に搭載された自動飛行制御システムの認証に関する包括的な審査を実施する」ほか、「全ての適用規制に準拠しているかを判断し、将来必要となる可能性のある規制強化を確認するため、設計やパイロットとの相互作用を含め、737MAXの自動飛行制御システムのいくつもの側面を評価する」という。

FAA当局者は、今回の審査はFAAが737MAXの運航再開を決める時期とは関係ないとしている。

ボーイングからは今のところコメントを得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below