March 13, 2019 / 2:38 AM / 11 days ago

南米諸国、ボーイング737MAX運航停止を検討=通信社

 3月12日、米ボーイングの最新鋭旅客機「737MAX8」が過去5カ月で2回の墜落事故を起こしたことを受け、アルゼンチンなど南米諸国は同機の運航停止を検討している。写真はニューヨークのラガーディア空港に着陸しようとする「737MAX8」の機体。(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ブエノスアイレス 12日 ロイター] - 米ボーイング(BA.N)の最新鋭旅客機「737MAX8」が過去5カ月で2回の墜落事故を起こしたことを受け、アルゼンチンなど南米諸国は同機の運航停止を検討している。アルゼンチン国営のテラム通信が12日報じた。

同機を巡っては欧州連合(EU)や中国、インドなどが相次いで運航を停止しており、米国に同様の措置を求める圧力が高まっている。

米連邦航空局(FAA)は12日、737MAXの運航を停止しない方針を示した。

テラムによると、アルゼンチンの航空当局の責任者は「可能性として検討しているが、すぐにそうするということではない」とし、「地域の航空当局と協議しており、個別にではなく、グループとして決めることだ」と述べた。協議している当局の具体的な国名には言及しなかった。

ボーイングは、世界各国で運航停止が相次いでいることについて理解を示したが、737MAX型機の安全性に「完全な自信」を表明している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below