March 18, 2019 / 1:08 AM / a month ago

ボーイング、737MAXソフト更新と操縦士研修見直しの最終作業中

[17日 ロイター] - 米航空大手ボーイング(BA.N)は17日、旅客機「737MAX」が過去5カ月間に2度の墜落事故を起こしたことに関連し、ソフトウエアの更新と操縦士研修の見直しについて最終作業を進めていることを明らかにした。

同社は17日付の発表文書で、ソフトの更新は、操縦特性を向上させる新システム「MCAS」を修正し、センサーの不具合に対処することが目的と説明した。

エチオピア航空が運航する737MAX8型機は今月10日、離陸直後に墜落。乗客乗員157人全員が死亡した。

エチオピアは17日、同事故について、回収したブラックボックスの初期解析で、昨年10月のインドネシア・ライオン航空機事故との「明確な類似性があった」との認識を示した。

アメリカン航空の操縦士組合の広報担当者で、737機の操縦士であるデニス・タジャー氏によると、ボーイングは研修の見直しでは「iPad(アイパッド)」を利用し、新たなソフトに関して説明する10─15分間のコースなどを検討しているという。

ただ、具体的な操縦士研修はソフトの更新が完了するまで確定しない見込みだと業界関係者らは指摘する。

ボーイングはコメント要請に現時点で対応していない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below