December 1, 2019 / 11:54 PM / 9 days ago

EXCLUSIVE-欧州競争当局、グーグルのデータ収集に関する予備調査

 EU規制当局がグーグルのデータ収集に関する予備調査を行っていることがわかった。写真は同社のロゴ。ロンドンで1月撮影(2019年 ロイター/Hannah McKay)

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)の規制当局が米アルファベット(GOOGL.O)傘下グーグルのデータ収集に関する予備調査を行っていることがわかった。欧州規制当局はここ数年、競争法違反でグーグルに巨額の制裁金支払いを命じているが、引き続き監視を強めているとみられる。

グーグルなどハイテク大手がどのようにデータを収集して収益をあげているかが調査の焦点で、EU当局者によると、予備調査の一環としてデータ収集と活用方法に関する質問書をグーグルに送付した。

また、ロイターが確認した資料によると、検索サービスやインターネット広告、ネットのターゲット広告サービス、ログインサービス、ウェブブラウザーなどに関するデータも調査している。

欧州委員会で競争政策を担当するマルグレーテ・ベステアー委員は過去2年、グーグルに対して80億ユーロ以上の制裁金支払いを命じ、ビジネス慣行を改めるよう指示している。

グーグルは、データの活用はサービス向上が目的で、ユーザーはデータの管理や削除、移動が常に可能だと主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below