November 8, 2019 / 4:40 PM / 4 days ago

EU域内行の不良債権、過去4年で半減 ギリシャなど高水準続く

 8日、欧州連合(EU)の域内銀行が抱える不良債権の規模は過去4年で半減したものの、ギリシャやキプロスでは高い割合にとどまっていると、欧州銀行監督機構(EBA)が明らかにした。写真は10月4日撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[ロンドン 8日 ロイター] - 欧州連合(EU)の域内銀行が抱える不良債権の規模は過去4年で半減したものの、ギリシャやキプロスでは高い割合にとどまっていると、欧州銀行監督機構(EBA)が8日明らかにした。

域内銀行の不良債権額は、2015年6月時点で総融資額の6%に当たる1兆1500億ユーロ(1兆2700億ドル)だったが、今年6月までに同3%の6360億ユーロに縮小した。

今回の調査は総融資額の8割以上を占める域内150行を対象にした。

EBAは不良債権の減少の要因として、規制当局による介入や政治的な決意で適切に問題を処理したこと、経済成長や低金利を挙げた。

ただ、今年6月時点でギリシャの不良債権比率は39.2%、キプロスは21.5%と高水準が続いており、これ以外にも5カ国が5%以上だった。15年は10%以上が10カ国に上った。

不良債権が最も縮小したのはイタリアで、過去4年で1450億ユーロ減少。スペインが810億ユーロ、英国が600億ユーロ、ドイツは430億ユーロと続いた。

イタリアの不良債権比率は15年6月時点の約17%から約8%に縮小した。

EBAは、経済が弱含む中で不良債権を積極的に管理するため、銀行は保有する資産の質に注視すべきだと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below