November 2, 2018 / 10:25 AM / in 19 days

ECB、伊中堅銀行カリジェを「脆弱」に分類=地元紙

[ミラノ 2日 ロイター] - イタリアのソレ24オレ紙は2日、同国の中堅銀行カリジェ(CRGI.MI)が、欧州中央銀行(ECB)による欧州金融機関の調査で「脆弱」に分類されたと報じた。

景気悪化シナリオで、普通株等Tier1比率(CET1)が基準の5.5%を下回ったという。カリジェのコメントはとれておらず、ECBはコメントを控えている。

欧州銀行監督機構(EBA)は、欧州の大手48行の健全性審査(ストレステスト)の結果を2日1700GMT(日本時間3日午前2時)に発表するが、カリジェは対象外となっている。

複数のイタリア紙によると、EBAの健全性審査の対象となったイタリアの4行は、すべて問題なく審査をクリアした。4行はインテーザ・サンパオロ(ISP.MI)、ウニクレディト(CRDI.MI)、UBIバンカ(UBI.MI)、バンコBPMBAMI.M。

健全性審査には、正式な合格・失格基準はない。

CET1が基準の5.5%を下回る欧州の大手銀行はないとみられているが、CET1が基準に近い銀行は市場の圧力にさらされる可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below