April 3, 2019 / 11:35 PM / 17 days ago

EU、英離脱の2週間延期を何度も認められない=欧州副委員長

4月4日、欧州連合(EU)欧州委員会のティメルマンス第1副委員長(写真)は、英国のEU離脱の2週間延期をEUは何度も認めるわけにいかないと述べた。ブリュッセルで開かれた記者会見で3日撮影(2019年 ロイター/Francois Lenoir)

[ベルリン 4日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のティメルマンス第1副委員長は、英国のEU離脱の2週間延期をEUは何度も認めるわけにいかないと述べた。独紙ウェルトが4日に報じた。

副委員長は同紙に対し「ブレグジット(英国のEU離脱)交渉で毎回2週間の延期を認めるようなやり方を際限なく続けるわけにはいかない」と指摘。英議会は今、決断を下すべきで、英国が何を求めているのかを明確に示す必要がある」と語った。

その上で「われわれはEU市民に対する責務があり、それはEU単一市場とアイルランド、EUの基本理念を守ることだ」とし、「われわれは固い決意を持って責務を果たし続ける。EUには限界があり、その限界に達した」と述べて英政府の膠着状態脱却に向けて十分に譲歩したとの認識をにじませた。

また、英議会による離脱協定案否決を受けた難局を打開するため、メイ英首相が野党・労働党のコービン党首と合意をまとめることが重要だと指摘した。

副委員長は、合意なき離脱となった場合でも英市民がEU域内に短い期間だけ滞在する際には査証(ビザ)は恐らく必要にならないとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below